闘牌コロシアム 公式攻略データベース

闘牌コロシアム 公式攻略データベース

初心者ガイド

麻雀ルール(Dragon対局)

麻雀 闘牌コロシアムのDragon対局の麻雀ルール説明ページです。
萬子・筒子・索子・字牌の4属性の龍遣士を使役し対局を行う
牌コロオリジナル「Dragon対局」特有の麻雀ルールについて、記載します。

※基本的な麻雀ルールについては、Classic対局と同じになります。

■コスト範囲内で最大4体の龍遣士でパーティを組む

■4体の龍遣士の合計HPがそのまま持ち点になる

■アガリ時の点数移動は、アガリ点だけでなくアガリ牌と同じ属性の龍遣士のATKも考慮される

■得意属性にはアガリ時により大きなダメージ(Critical表示)を与え、苦手属性には小さなダメージ(Guard表示)を与える

■萬子は筒子に強く、筒子は索子に強く、索子は萬子に強い

■字牌は他の属性に影響を与えないが、字牌に対して大きなダメージを与える

■字牌でアガると他の属性でアガるより合計ダメージが大きくなる

■リーダーでアガると合計ダメージが大きくなる

■HPが0になった龍遣士は、ATK、龍の力が使えなくなり、以降ダメージは他の属性が分散して請け負う

■捨て牌を1回行うごとに通常自分の龍遣士4人のクールタイムが1減少し、0になるとそれぞれの龍の力を発動が可能になる

■龍の力を発動することで、相手の邪魔をしたり、自分が有利な状況を作ることができる

■育成して龍遣士のLvやDLvを上げることで対局がより有利になる

■トビあり(合計HPが0以下で終了)

■既にドラ表示牌が5枚の状態でカンした場合、カン可能だがドラ表示牌は増えない

pagetop MENU